報告を怠ると

ビル管理を行う上で欠かせない防火対象物点検ですが、怠るとどういったことが起こるでしょう。
まず、消防法第44条7の3により罰金30万円以下、拘留といった罰則が科せられます。ビルを管理する上で、防火対象物点検と報告を行わないというのは立派な法律違反となります。
そしてなにより、ビルの利用者、そしてビル周辺の建物を利用する人々の命を危険にさらします。

防火対象物点検は業者… Read more

業者に委託

ビル管理を行うために防火対象物点検を行いたくても、知識や人材が不足して満足に実施できないというケースもあるでしょう。
そういった場合は、専門の業者に委託するという方法があります。
電話、またはホームページなどで依頼をすることが出来ます。見積もりを無料で行っている業者もありますので、まずは相談をして見積もりを取るようにしましょう。

業者に委託するメリットは沢山あります。… Read more

点検項目

火災の事故から人命を守るためにも、防火対象物点検でビル管理を行う必要がありますが、点検項目として具体的にどのようなものがあるのでしょうか。点検項目の一部をご紹介します。

まず大切なのが、防火管理者を決めているかということです。責任者が不在の場合、防火対象物にたいする意識が低いと言わざるを得ません。まずは責任者を決めて、防火対策を確実に実施できる体制を整えましょう。
そして、そ… Read more